ゼネボーゲン社製
マテリアルハンドリングマシーン 718E

林業用重機718E

718Eはドイツのマテハン機専門メーカーゼネボーゲン社の林業用のベースマシンです。
ティア4エンジンを搭載しているので環境にも配慮しております。

特徴

  • アームが2m伸縮するテレスコピック構造
  • 高い視認性で作業性を向上するキャビン(昇降幅 2m65cm / 傾斜角度 30度)
  • ハーベスタやマルチャー、グラップルなど豊富なアタッチメントが利用可能です
  • 用途

    林道や作業道での伐採

    仕様

    エンジン

    • CUMMINS QSB4.5-C160 119kW/160PS,Stagelv/Tier4final
    • AdBlue 30L
    • 燃料タンク 330L

    下部構造

    • ホイール式(空気タイヤサイズ:600/50-22,5×4本)
    • アウトリガー2点支持 + スタビライザーブレード(後部)
    • 2ステージ走行モーター
    • 旋回ベアリング自動給脂システム

    キャビン

    • E270″MAXCAB”エレベーティング式2.7m(最高視野高:5.8m)
    • セントラルエアコン
    • エアサスペンションシート
    • ステアリングハンドル式

    ブーム

    13m(ブームシリンダー安全チェックバルブ組込み)

    油圧

    • 圧力350bar
    • タンク容量350L

    その他

    • タイヤ 600/50-22.54本
    • 運転質量 21.4トン
    • カメラシステム(2台、後部確認用、右側確認用)
    • 照明(前方左右ヘッドライト、リアライト2台、キャビン左側にハロゲンランプ1台)
    • Sennebogen診断システム SENCOM
    • ジョイスティック

    カタログ