イベント

(日本語) 急斜面での優れた施工 池の浚渫、急斜面復旧 メンツィムック スパイダー

New
あらゆる地形で活躍する油圧ショベル スパイダー

今回、林業施工業者様および、条件の悪い環境現場や各地の災害復旧工事に携わるお客様にご紹介するのはMenzimuck(メンツィムック)社製スパイダーです。

MenziMuck社製スパイダーであれば、建設機械では移動・施工できない急斜面をスパイダーの愛称通り、クモのように自由自在に移動でき、多岐にわたる用途での施工を実現できます。

アタッチメントに関しても、土木向けバケット・林業向けユニバーサルグラップル・太陽光パネル杭打機等の多用途に対応できる利点があります。
これまで、林業や太陽光パネル基礎杭での需要が多くありましたが、
本年より土木工事・公共工事・災害復旧工事等へ活躍の場を広げようとしています。
MenziMuck社製スパイダー施工現場に関する以下の2つを紹介します。
  • 水力発電調整池の浚渫スパイダー工事
  • 宇和島市急斜面崩壊スパイダー復旧工事


1. 水力発電調整池の浚渫スパイダー工事

メンツィムック スパイダーの水力発電調整池での浚渫工事の様子

2020年4月に、水力発電調整池に伴う浚渫工事(水底に溜まった土砂・泥を取り除く工事です)をMenziMuck社製M545にて施工されました。
これまでは、調整池までの山岳地帯を自力で移動できる建設機械が存在せず、大型クレーンにて小型油圧ショベルを山底へ降ろし、水路を通って調整池まで移動していた為、コスト面・時間が多くかかっておりました。

スパイダーを選択する事で、林道~調整池まで自力移動し作業をこなせるので、コスト面・タイムスケジュールに大きなメリットを与えました。

2. 宇和島市急斜面崩壊スパイダー復旧工事

2020年6月に、愛媛県宇和島市にて急斜面崩壊に伴う復旧工事をスパイダーにて実施する事となっております。

MenziMuck製スパイダーとして、国内初の公共工事という事もあり、今後の需要拡大に大きく期待されます。

傾斜角45°以上の斜面では、設置したアンカーとスパイダーをワイヤーで接続することによって、十分な安全を確保して斜面上で掘削作業を実施していく予定です。
スパイダーが復旧工事を行う宇和島の崩壊した急斜面
崩壊箇所全景(2020.03.05撮影)