イベント

十勝海運株式会社様に港湾荷役用にマテハン機 導入頂きました

お知らせ
タイヤ式(ホイール式)マテハン機ゼネボーゲン 港湾荷役


2019年4月に北海道の十勝港を基点とする総合物流企業の十勝海運株式会社様(所在 : 北海道広尾郡広尾町)にゼネボーゲン社製タイヤ式マテハン機 870E-Mを導入いただきました。

870E-Mはキャビンが約10メートルまで持ち上がるのが特徴です。
港で船の荷物を積み降ろしをする祭に、船倉が見やすく、安全で迅速に荷役作業を行うことができます。
既存設備の老朽化により導入を検討され、重量 約130トン、アーム長さ24メートルの870E-Mという大きなモデルを導入いただきました。

重機で船から丸太を積み降ろすときに、以前は約10名で作業していたのに対し導入後は数名で作業ができるようになりました。

以前は
  • 重機オペレーター 1名
  • 陸で丸太を運ぶホイールローダー
  • 陸で丸太に玉掛けをする人
  • 船上で丸太に玉掛けをする人
  • 重機オペレーターに合図を出す人  *重機オペレーターからは船倉の状況見えないため
導入後は870E-Mのオペレーター1名とホイールローダーのオペレーター2名だけで作業を行えるようになりました。

870E-Mが丸太を直接つかめるので玉掛け作業が不要になる上、運転席が前方に突き出るのでオペレーターが船倉を直接確認でき合図を出す人が不要になったからです。
作業時間も短縮されています。

十勝海運㈱様での港湾荷役の様子

丸太・飼料の降ろし

製品仕様

重量 約130トン
アーム長さ 24m
パイロン高さ 2.5m
関連製品情報 : ゼネボーゲン社製 マテリアルハンドリングマシーン 8シリーズ

設備の入れ替えを検討中の方、もっと詳しく話を聞いてみたいという方、お気軽にサナースへお問い合わせ下さい。