エンジン式一軸低速回転破砕機
DW3068K Inventhor

エンジン式移動一軸低速回転粗破砕機インベンター
インベンターはドイツのメーカー Doppstadt(ドップシュタット)社が開発した移動式粗破砕機です。
前モデルに比べ2倍近い処理能力を獲得しました。

特徴

  • 新機構VDD (Variable Direct Drive)
  • 受け刃 開閉構造
  • テレマチック機能で遠隔管理

主な破砕対象物

  • 木の根や幹
  • 粗大ゴミ
  • 混合建設廃棄物
  • 災害ごみ
  • タイヤ

新機構VDD (Variable Direct Drive)

VDD Variable Direct Drive
従来の減速機では一定のギア比のみでした。
過負荷の場合は受け刃を開いて破砕材料を逃がすしかありませんでした。
VDD搭載により、過負荷の場合にローターの回転を下げたり、反転させて負荷をコントロールすることができるため、過負荷になりづらい安定した破砕が可能になりました。

受け刃開閉構造

粗破砕機インベンターの受け刃が開いた状態
破砕の受け刃が完全に開く機構です。
受け刃のメンテナンスが簡単に行えます。

動画・カタログ





 

関連情報